ムカデの発生場所と被害

●湿気がある
●暗い
●狭い
●エサがある

上記のような場所を好み、

屋外:植木鉢・落ち葉・石・倒木などの下、井戸周りなど
屋内:風呂場・洗面所・台所の流しの下・畳の裏・床下・屋根裏など

暗くてジメジメした場所に潜伏し発生しています。

家の周囲が田んぼや畑、林、川や水路などの場合も多く発生します。

また隣家が空き家などで管理状態が悪かったり、家の中にゴキブリやクモ、
その他害虫などが多いと、ムカデは肉食のためエサにつられて侵入してきます。

ムカデは夜行性で、昼間は
石の下や落ち葉、倒木や朽木、石垣の間などに身を潜め
夜になるとエサを求めてウロウロと活動します。

民家などにも侵入し、靴の中や布団の中にも潜り込み被害を与えます。

最近ではアパートやマンションの上階での被害も多くみられます。
もちろん戸建住宅よりは可能性は低いですが、
エレベーターなどで人間や荷物についてくる場合もあります。
その場合は、玄関前に殺虫スプレーを噴射するなど部屋への侵入を防ぎましょう。