ムカデ予防と対策

予防

◎自宅周辺の雑草の草むしり
◎廃材やがれきの除去
◎落ち葉など溜まる前に片付ける

など、ムカデにとって住みにくい環境を作ることです。

他にも

◎ムカデのエサをなくす
ムカデはゴキブリなどを食します。
こまめに清掃し、ゴキブリが発生しないような環境を作って下さい。

◎窓などの侵入口を塞ぐ
窓からも侵入してくる場合があります。
網戸をしていれば侵入できませんが、網戸と下などの隙間を通ることも
あるので、こちらも隙間テープ等で処理してください。

 

対策

-侵入をシャットアウト-

ムカデは石やコンクリートの隙間、
落ち葉の中、植木鉢の下、湿気の多い床下等に多く生息しています。
家屋への侵入は基本的に下からで、お風呂の排水口が特に多いと言われています。

○排水口
使わない排水口は栓をする

○その他隙間
床板の隙間・羽目板の隙間・エアコンの管・サッシの下など
隙間テープを貼ったり、ムカデが侵入出来そうな所は塞ぐ

○床下
ペットなどがいても床下なら粉剤が使用できます。
家の周り一周に撒く事が一番ですが、ペットが近寄らない場所だけでも。
(雨などですぐに効果が薄れますが・・・)

○住宅の周り
家の周りに不要な石・草・葉っぱ・植木鉢などはありませんか?
ムカデが生息しそうな場所を作らないことが重要です。
家の裏が山だったりと、環境にもよるのですが家の近くに生息させないことが一番です。

 

 

-家屋内に侵入してきた場合-

スプレータイプの殺虫剤をスプレーします。
※ムカデは殺虫剤をスプレーした後すぐに暴れて噛まれる危険があります。
ご自分で駆除を行う場合は注意して行ってください。
動かなくなるのを待ち、確認後処分するようにしましょう。

○毎年ムカデが家屋内に侵入してくる
○何匹も侵入してくる

以上のような場合は、
「生息個体の数が非常に多い」または「侵入箇所が多数存在する」
などの理由が考えられるため一度調査を行う必要があります。

調査は専門的な知識が必要です。お気軽にお問い合わせください。